健康や管理に役立つオメガ3脂肪酸のDHA・EPAを摂取しよう

DHAやEPAが健康に良いという話をよく耳にしますが、DHAやEPAというのはオメガ3脂肪酸の代表格と言っても良いものです。

DHAは主に魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸で、正式名称をドコサヘキサエン酸と言います。Aの部分は「Acid(酸)」です。EPAはエイコサペンタエン酸が正式名称です。

DHAやEPAはオメガ3に分類される脂肪酸で、体内で生成することができず、そのために食事を通して摂取する必要がある成分です。

DHAの役割

DHAは血管内に流れる血液の通りをスムーズにする働きがあります。動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを抑え、血栓などの発生を予防してくれます。

DHAを摂取すると頭が良くなると言いますが、脳の細胞にも多くのDHAが含まれており、そのために脳に対しても効果を発揮することができる数少ない成分のひとつです。

脳内の血流改善にも有効ですから、脳に栄養素や酸素を送り届けることによって働きを活性化させるため、頭が良くなると言われているのです。

EPAの役割

EPAは血小板に働きかけて、その凝固を抑える役割を持っています。血小板というのは血液に粘度を与えて、出血時などに血液を凝固させて傷口を抑える役割を持っています。

この血小板が多くなりすぎる(血液が濃くなる)と、血液の流れは上手くいかなくなりますが、EPAはそれを防ぐ効果があります。

DHA・EPAの健康効果

これらを摂取することによって得られる健康効果の最も大きなものは血流の改善効果です。それぞれの働きによって血行不良が改善されるようになりますので、それによって多くの健康効果が生じるようになります。

具体的には、血圧低下、新陳代謝向上、冷え性やむくみの改善、美肌効果、疲労回復、集中力アップ、血栓防止、血糖値改善、高脂血症の改善などがあります。

DHA・EPAの摂取方法

DHAとEPAは、青魚に多く含まれている必須脂肪酸ですから、サバやサンマ、イワシなどの魚を食べることで摂取することができます。また、マグロにも多く含まれています。

これらの成分は加熱に弱く、水溶性の成分であるため、できるだけ生でそのまま食べるのが望ましいと言われています。そのため、お刺身やお寿司などを食べるようにするとこれらをしっかり摂取することができます。

普段からこういった食事をするのは簡単ではありませんから、そういう場合にはサプリメントも手軽に入手できますので上手く活用すると良いでしょう。